Company Benefits of Offering Employee Relocation Packages

Package” have increased by 300% from November of 2023 to January of 2024. This article delves into the transformative power of these packages, shedding light on how they enhance the talent pool and contribute to a company’s success.

 According to McKinsey & Company interviews with more than 100 chief human resources officers and people leaders, HR leaders are most focused on innovating the employee experience journey to win the race for talent. The data is clear: moving is the 3rd most stressful event a person can go through in their lifetime after the death of a loved one and a divorce. Therefore, your company must offer sufficient employee relocation program benefits to ensure your employees and their families have a positive experience (and perception) of your organization. 

Offering company relocation packages to your employees will positively impact your recruiting efforts. Here are the top 5 benefits of offering comprehensive employee relocation program packages when hiring.

従業員移転パッケージを提供するメリット

従業員が期待する福利厚生には、以下のようなものがある:

  • 転勤手当
  • 仮設住宅
  • 自宅の購入・売却の支援(新・旧地域を問わず)
  • 配偶者・パートナー・家族へのサポート
  • Packing services
  • Paid house hunting
  • Rental car reimbursement
  • 家財道具の出荷
  • ビザおよびその他の移民問題
  • 文化支援

Let’s make a point clear with company job relocations; it’s not only the employees who have an advantage, but companies also find moves to be beneficial. It adds noticeable value to the company in several ways. Therefore, it is time we take a detailed look into how employee relocation program packages benefit an employer.

1.候補者の幅が広がる

Most companies are looking for a talented and diverse workforce, regardless of size. At times, it can be quite challenging to find people within the same geographic location who have the proper skills and experience to give the company an edge over others in the industry. Expanding the search beyond the geographic location to a worldwide talent pool will give you more candidates with the required skills and knowledge to select from. You will be able to attract talent that otherwise could be hindered by the costs of a new location or apprehensive about relocating. The cultural diversity of the workforce can dramatically change, fostering new ideas and ways of thinking.

2.空室率の低減

When you offer a robust company relocation program package to talent, the international market for quality candidates will open for your company. This allows you to fill vacant positions faster and more efficiently. As a result, the entire enterprise can work expertly and effectively. Ensure you work with a relocation service, such as WHR Global, that can accommodate international relocation packages.

3.積極的な企業ブランド推進に貢献

While many consider corporate relocation packages an employee benefit, it’s time to look at it from another perspective. Although a good company relocation package surely attracts candidates to a company, it also speaks about the enterprise. When a company says it cares about an employee’s transition and comfort with robust plans and relocation packages, it puts the company in a good light. The relocation benefit adds value to the enterprise and works as an excellent promotional feature, eventually attracting more international and domestic talent. It can foster quicker onboarding and productivity, thus increasing bottom line and employee satisfaction.

4.従業員の定着率の向上 

A successful relocation package gives the employee a sense of commitment towards the company, knowing the company is taking care of them. Companies that pay for relocation can attract and retain talent by following these WHR Global six simple tips:

5.ナレッジトランスファー  

When an existing employee goes to a new assignment as part of a company relocation, they will transfer unique knowledge and skills to this new location. In this relocation example, interacting with new people will also increase culture, experience, and expertise that will help develop new perspectives for the company. This type of relocation example eventually helps to make the enterprise stronger, have an international approach, and enhance its functional capacity. Companies that provide relocation assistance will have a leg up on the competition in an ever-competitive market for top talent.

Overall, a good employee relocation package gives your company a competitive edge over others by easily securing the industry’s top talent. Hire an employee relocation management company, like WHR Global, to take care of your global mobility program. Your company will reap the benefits in the long run if you support your employees throughout their corporate relocation package.

 

従業員の移転費用を削減するための戦略

Since 1994, WHR has been helping its clients contain costs and lower relocation program expenses. Although there are many ways, below we share just three easy suggestions to lower organizational expenses. Explore three practical tips, from auditing your program to monitoring exceptions and staying ahead of industry trends. Discover how tailoring your approach to real-life experiences can minimize expenses while ensuring a smooth relocation for your employees.

ジャー・オブ・チェンジ

1. Audit Your Relocation Program

あなたのプログラムは、転勤する従業員の実体験を反映していますか?転勤の各ステップごとに、定量的・定性的なデータを分析しましょう。過去の移転の数字を見るだけでなく、実際に移転を経験した社員を調査し、彼らにとって本当に意味のある福利厚生は何かを明らかにします。

It’s often said that relocating is the 3rd most stressful experience in a person’s lifetime, just after death and divorce. While it’s critical for employees to have a suite of relocation services to choose from, your company may not be in the financial position to provide certain ancillary benefits. It may be helpful for your global mobility team to stack rank which benefits are most critical to your employees, with the intention of cutting the least-critical services.

Here is a sample stack ranking from most to least-important:

      • 移民
      • Tax Consultation/Preparation Assistance
      • Tax Gross Up Assistance
      • Reimbursement of Final Move Expenses
      • Household Goods Shipment
      • Temporary Housing…
      • …Language Lessons
      • Cultural Training

2. Monitor Policy Exceptions

移転の際に予期せぬ事態が発生した場合、その後のプロセスに影響を与えることは間違いありません。このような例外が発生すると、コスト増につながります。例外を最小限に抑え、収益への影響を最小限にするための第一歩は、データに基づいた思慮深い移転プログラムを設計することです。転勤する従業員の実際の経験を反映したプログラムであればあるほど、例外を回避するための計画を立てやすくなります。プログラムの実行も同様に重要です。

WHR trains our Relocation Counselors to anticipate needs before they are requested, set expectations upfront, and regularly check in with transferees throughout the move. Should an exception be required, our Counselors review all possible alternatives first. Can a closing date be moved? Is there a more cost-efficient storage alternative? Can the cost be covered by a miscellaneous allowance?

3. Stay on Top of Trends

To find relocation cost savings, look at the dollars…and the pennies! With a little creativity and by staying current on what’s happening in the industry, you’d be surprised at the cost savings you can find.

Consider home sale bonuses, for example. Ten years ago, companies would offer employees $10,000 as motivation to sell their homes quickly. This is not required in today’s real estate market since homes are selling quickly as demand greatly outweighs the supply of available inventory.

Your Relocation Management Company can provide you with Benchmark studies and reporting identifying gaps or redundancies in your policy, as well as opportunities for savings.

転勤手当は大きな投資ですが、従業員が満足し、かつコストを最小限に抑えられるような方法で、思慮深く実施する方法があります。転勤する従業員の実体験に合わせてプログラムを調整し、例外を監視し、業界のトレンドを常に意識することで、従業員にとってよりスムーズな転勤体験が得られ、経費を抑えることができます。

If you’re interested in learning more ways to cut costs, contact WHR Global.

タックス・アシスタンスとタックス・イコライゼーションの提供により、従業員の定着率と採用成果の向上を実現

多くの企業が優秀な人材の確保と維持に苦慮しています。移転税制や均等待遇を含む福利厚生が非常に競争力のあるものであることが重要です。長期・短期を問わず、従業員が生活を一変させて引っ越す際に、最高の経験をするために必要なものを提供しましょう。

企業が従業員の転勤やグローバルモビリティプログラムのために検討すべきメリットはたくさんあります。今回は、税制上の支援と税の平準化について説明します。WHR Global (WHR) の最高財務責任者であるジャミ・ロングによると、「これらの税制優遇措置を提供することで、雇用主は従業員の税負担を相殺することができます。そうすることで、転勤や海外赴任に伴うストレスが軽減されるのです。このような税制優遇措置は、企業が雇用プロセスにおいて競争力を維持することにもつながるので、誰にとってもメリットがあるのです。

タックス・アシスタンスとタックス・イコライゼーション

グロスアップとは、雇用主が従業員の課税対象となる赴任手当をグロスアップすることを意味します。つまり、グロスアップとは、従業員が転居費用などの会社支給の現金給付を受けた際に、従業員が各税務当局に支払うべき追加の所得税を相殺するために、雇用主が従業員に支払う追加金額のことである。これにより、従業員の所得にかかる税負担が軽減される。

一方、タックスイコライゼーションは、グローバルアサインメントに関連するアサイニーの税負担を中和します。この補償方法は、赴任者が自国にとどまっていた場合とほぼ同じ税金を支払うことを意味します。言い換えれば、母国とホスト国の実際の税負担にかかわらず、赴任者は母国を離れなければ多くも少なくもない税金を支払うことになります。

以下は古いニュースかもしれませんが、それでも見直すべき重要なことです。2017年12月、米国政府は納税者に直接影響を与える法案を可決しました。減税・雇用法(TCJA)と呼ばれる2017年の法律では、納税者は仕事に関連する引越し費用など、特定の控除を請求できなくなりました。

タックス・アシスタンスの詳細

2017年の法律により、納税者は、仕事に関連する引越し費用として雇用主から受け取った引越し費用の直接支払いまたは払い戻しを課税所得として扱わなければなりません。以前は、従業員は時間と距離のテスト(基準50マイル、39週間、1年)に合格するだけで、家財道具の移動、保管、最終的な移動費用に関する引越し費用を控除する資格を得ることができました。また、引越し費用を負担する従業員は、項目別にしなくても、その引越し費用を控除することができました。

TCJAのもとでは、少なくとも2025年までは、すべての引越し経費はそれに応じて課税されます。ただし、現役の軍人はこれまで通り引っ越し費用を控除することができます。雇用主にとっては、新しい人材を獲得するための抑止力になったり、現在の従業員が引越しを伴う昇進に消極的になったりする可能性があるため、大きな影響を与える可能性があります。

税務支援のメリット タックスアシスタンス

もし、人材獲得競争において、競合他社がこのメリットを提供し、自社は提供しない場合、大きなハンディキャップを背負うことになりかねません。税務支援は、現在および/または将来の従業員から受けるかもしれない移転の反対を取り除くことができます。要約すると、税務支援を提供することで得られるメリットは以下の通りである。

  • リロケーションプログラムの競争力を維持することができます。
  • 従業員の魅力と定着のための取り組みを改善します。
  • 従業員の税負担を軽減することができる。
  • 従業員のストレスを軽減し、異動者が新しい職務に早く集中できるようにする。

タックスアシスタンス提供のデメリット

  • 従業員の課税所得が増加し、税率が変更される可能性があります。これにより、従業員の税率が上昇し、特定の税額控除が段階的に廃止される可能性があります。
  • 会社の移転費用が増加する。

均等割の詳細

母国から母国への移行は困難で、人材が海外赴任に踏み切れない可能性があります。住居、文化への順応、家族の調整、新しい職場環境への参入などは、海外転勤の課題のほんの一部に過ぎません。企業は多くの場合、駐在員ができるだけスムーズに経験を積めるように、税の平等化などの支援を提供します。例えば、アメリカから来た駐在員は、どこで稼いだかにかかわらず、全世界の所得に対して税金を申告するという独特の義務を負っています。彼らには自国の納税義務を免れるというメリットはない。さらに、彼らは受入国でも確定申告の義務がある。

米国は、従業員の米国での申告に適用される外国税額控除を提供していますが、それは米国の義務のすべてを相殺するのに十分な控除ではない場合があります。このような場合、赴任前と赴任後の税金を比較し、赴任前と赴任後の税金の合計が高い場合は、赴任先から追加で発生した税金を補填してもらうことができます。逆に、合算した税金が低くなる場合は、赴任者がその差額を会社に弁済します。海外で新たなビジネスチャンスが生まれたとき、企業はそのポジションをどのように埋めるかについて悩むことがあります。多くの多国籍企業は、国内で実績のある従業員を活用し、その能力を市場開拓、製品提供の収益化、海外でのビジネス成長に活かしています。

専門性の高い分野では、採用・確保のプロセスはさらに困難です。例えば、製薬やバイオ・メディカルでは、専門性の高い候補者の数は限られており、多くの企業が同じ人材を獲得するために競争していることがよくあります。Fierce Pharmaの記事によると、"細胞治療や遺伝子治療のような分野に適用する場合、それらの技術的資格はさらに厄介なものになる "とあります。セラーズの共同創業者兼CEOであるファビアン・ガーリングハウスは、"専門性の高い分野では、単に人間の数が足りないだけだ "と述べています。

専門性の高い分野では人材争奪戦がさらに激しくなるため、適切な福利厚生を提供することで大きな差が生まれます。

税の公平性を提供するメリット

  • 駐在員のストレスを軽減し、赴任者が新しい職務に早く集中できるようにする。従業員の経済的ストレスが減れば、国際的な機会で個人的・専門的な開発に集中することができるようになります。
  • 赴任者が納税義務を理由に海外赴任や転勤を辞退する可能性が低くなるため、従業員の定着率や採用活動が向上します。
  • 海外赴任中の赴任者の税負担を制限し、自国と同等の課税ベースを維持する。つまり、赴任者の税務上の損益を可能な限り少なくし、赴任先が自国にあった場合と同等に保つことができるのです。
  • 企業が事業を展開するすべての地域において、税務コンプライアンスに対する積極的な企業市民活動を促進し、現地法の不遵守、税制、為替規制のリスクを排除する。

税の平準化の欠点

  • 会社の移転費用が増加する。

リロケーション・マネジメント会社(RMC)は、タックス・アシスタンスとイコライゼーションの仕組みについて説明し、プロセスを円滑に進めるお手伝いをします。また、RMCは、グローバルな収益計算書を税務パートナーに提供し、タックスアシスタンスが正しく計算・実施されるようにするなど、御社のためにすべてを管理することができます。

 

成功のための重要なデータポイントの収集

International HR Adviserに掲載された弊社の記事をお読みください。従業員リロケーションは、その中核にあるのは人事上の利益であり、健康保険から退職金まで、すべての人事上の利益と同様に、組織は従業員からのタイムリーで洞察に満ちたフィードバックを必要としています。こちらをクリック

この夏、家財道具の引っ越しにチャレンジしてみませんか?計画的に

HHGの国際移動

日用品業界は、消費者の需要に応えるため、夏の間、困難な時期を過ごすことになります。COVID-19は、家庭用品サプライヤーがサービスを提供する方法に影響を与えたが、引越しのニーズは依然として大きく、さらにマスクの義務化、国境を越えた旅行制限、検疫期間、サプライチェーンの混乱、労働力不足など、制限のレベルが上がり、さらにハードルが高くなった。このように、家財道具を提供する側の負担が増え、その結果、サービス料金も高騰しているのです。   

国際的には、すでにCovidのロックダウンで苦しんでいたウクライナの戦争によって、世界のサプライチェーンが影響を受けています。世界最大のコンテナ港である上海をはじめ、中国が追加のロックダウンを実施したことで、問題はさらに悪化しています。上海では現在も800万人以上の住民が外出を禁止されており、物流を担う人たちが仕事に身が入らないという事態になっています。出荷時間を追跡するProject44によると、中国と欧米の主要港との間の遅延は3月下旬から4倍になった。S&P Global Market IntelligenceのアソシエイトディレクターであるDaejin Lee氏によれば、中国の状況は今年の世界のインフレ率を押し上げるという。昨年は、主要部品の供給不足によるサプライチェーンのボトルネックと、コンテナ運賃の記録的な高騰という2つの要因によってインフレが引き起こされた。 この2つの問題は2022年まで続き、ウクライナでの戦争も商品価格を上昇させるだけでしょう。 

国際輸送の問題だけでなく、米国内でも困難な状況にある。米国トラック協会によると、トラック運転手が8万人不足しており、さらに退職者が増えれば2030年までにこの数は倍増すると懸念されている。この問題を解決するために、1兆ドルのインフラ法案には、18歳の商業ドライバーに州境を越えて運転できるようにする3年間のパイロット・プログラムが含まれています。ほとんどの州では、商業運転免許を取得するには21歳になる必要がある。しかし、これは応急処置的なもので、当面の状況を改善することはできそうにない。人手不足に対応するため、企業はトラック運転手の賃金を引き上げ、その上昇分を消費者に転嫁している。 

このことをリロケーション業界に置き換えると、顧客と従業員は極めて積極的でなければならないことになる。例えば、米陸軍のChris Gardner氏の記事によると、夏のピークシーズンである2022年に出征日を迎える兵士は36,984人いるそうです。フォートシルのプロパティスーパーバイザー、シャーリーキャッスルは、"兵士と民間人は、注文を受けたらすぐに地元の運送事務所に連絡し、問題や課題があれば指揮系統に知らせておく必要があります。"引越しの30日以内まで待って地元の運送事務所に連絡すると、DoD承認の引越業者が利用できなくなる可能性があります」と述べています。

これら全てに対応する方法は、状況を理解し、物流と家財道具の移動プロセスに関わる全ての人に過剰なコミュニケーションをとることです。これには、以下のことを実施することで、顧客とその転勤族社員が含まれます。

  • これらの課題を解決するために、知識豊富なリロケーション・マネジメント・カンパニー(RMC)をご活用ください。
  • 特に海外からの引越しの場合は、出荷にかかる時間を多めに計画してください。
  • 30日前が最低ラインですので、余裕を持った計画を立ててください。
  • 実現可能で安価であれば、海上輸送から航空輸送に変更する。
  • 家具を移動させるのではなく、家具手当を支給することを検討する。

WHR Group, Inc.(WHR)では、サプライチェーンマネジメント部門が質の高いネットワークプロバイダーとの関係を構築し、維持しています。私たちは、刻々と変化する状況や、それがサプライチェーンや物流に与える影響を常に監視しています。私たちの広範な、そしてよく吟味されたサプライチェーンのネットワークを通じて、私たちはそれぞれの従業員の移転をナビゲートするために適切なプロバイダーをケースバイケースで見つけることができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従業員の転勤に伴う精神的負担に対処できていますか?

引っ越しは人生のストレスのトップと言われることが多いのですが、これに家の購入・売却や新しい土地で別の仕事を始めるといった大きなストレスが加わるとどうなるでしょうか?転勤する社員にとって、それはどれほどのストレスになるのでしょうか。さらに重要なのは、転勤する社員とその家族が、このストレスによってどのような精神的な影響を受けるかということです。

特に、従業員を最も貴重な資産のひとつと考えている企業にとって、潜在的な精神的負担を管理することは、すべての雇用主が取り組むべき重要な要素です。雇用主としては、コストとロジスティックスを考慮しなければなりませんが、潜在的な精神的負担も無視してはならないのです。

転勤が従業員に与える精神的負担とは?

WHRグループの人事マネージャー、キンバリー・ユイツ(SHRM-CP)は、「引越しのストレスは、従業員のメンタルヘルスや雇用主とのエンゲージメントに直接影響を及ぼします」と語る。従業員が意欲を失い始めると、生産性が低下し始めます。これはトリクルダウン効果となり、チームや最終的には会社そのものに直接影響を与えることになります。企業は、リロケーションと従業員のメンタルヘルスに関して積極的に行動し、こうしたエンゲージメントと生産性の両方の低下を防ぐための措置を講じる必要があります。"

COVID-19の大流行の後でも、雇用主は従業員を国内外の新しい目的地に転勤させることを続けています。転勤者とその家族は、転勤によって様々な精神的・肉体的負担を強いられる可能性がある。

  • 家族の誰かが引っ越しを嫌がり、引っ越しになじめない場合、そのストレスは従業員にも影響する可能性があります。従業員は、気が散り、やる気を失い、不幸せを感じ、新しい仕事をやめて元の場所に戻ろうと考えるかもしれません。家族全員の生活を根こそぎ変えて、新しいコミュニティに慣れることは、かなり難しいことです。
  • 新しい土地への移動に伴う従業員のストレスには、パートナーのキャリア、子供の教育、新しい言語の習得、文化の違い、古い家の売却、古い同僚との別れなどに関する懸念が含まれるかもしれません。
  • 新しい文化的な設備に対する不安、新しい目的地の不動産市場や犯罪率に対する懸念などがあるかもしれません。
  • 転勤族は、新しい仕事がうまくいくかどうか不安なのでしょう。
  • 疲れている社員、やる気のない社員、注意力散漫な社員の態度は、新しいチームメンバーにも伝わり、チームのダイナミクスに影響を与える可能性があります。

雇用主は従業員の精神的な健康を重視すべき

これらのストレス要因はすべて、従業員のエンゲージメントを低下させ、会社の忠誠心を低下させ、離職率を高め、チームの相互作用に影響を与える可能性があります。人材争奪戦を考えると、従業員の移転はコストやロジスティックスだけでなく、それ以上のものを考慮することが重要です。転勤者の感情的なニーズを排除してはならないのです。「2020年に失業率が過去最高を更新しても、人材争奪戦は続いています。採用担当者は皆、重要なポジションを埋めるために競争しており、経済が回復し始める中、企業は人材を失うわけにはいきません。2021年には、競争する準備ができている企業が勝つでしょう」とウイツは言います。

Employee Benefit Newsによると、「従業員の移転となると、ほとんどの組織は、移転に伴うコストや、従業員をA地点からB地点まで移動させるのに最も手頃なオプションは何かを戦略的に考え、肝心な点に集中する。雇用主は、単なる箱ではなく、人を移動させていることを忘れてはなりません。人を扱うときはいつでも、人間中心のアプローチを採用する必要があるのです。

「あなたが荷物の移動を手伝っている間にも、彼らは保険や免許、住所の変更に対処しているのです。家族がいる場合は、子供を新しい学校に入学させ、医者を見つけ、配偶者やパートナーの新しい仕事を見つける必要があります。その上、家族からネガティブな感情を抱かれたり、引っ越しに不満を持たれたりするかもしれません。こうしたことがすべて、従業員が新しい職場でどう感じるか、新しい役割にどう同化するかに影響するのです。"

従業員が母国から新しい国へ転勤する場合、そのリスクはさらに高くなり、感情的な打撃は新たなトーンを帯びてくるかもしれません。最近、米国からスイスに転勤したWHRのインターナショナル・クライアント・サービス・マネージャー、リンデン・ホートビー(GMS®)によると、「他の国に転勤すると、例えば食料品の購入など、自宅では当たり前の日常生活にさらなるストレスが伴います。この追加的なストレスは、精神的に身につまされることがあります。"

語学研修会社タラエラの記事によると、「人事担当者としては、社員の転勤ができるだけスムーズに行われることを望んでいるはずです。しかし、多くの従業員にとって、母国を離れることは大きな問題です。海外から採用した社員の幸福のためには、人的要素が重要なのです。"

 

転勤による精神的負担を軽減するために雇用主ができることとは?

"従業員エンゲージメントは、従業員のメンタルヘルスと直結している可能性があります。従業員のエンゲージメントが低いと、離職率が高まり、雇用者のコストも上昇します。企業が来年も競争力を維持したいのであれば、心の健康も含めて、従業員のすべてのニーズを満たすようにする必要があります」とウイツは言う。

以下を含むすべての潜在的なサポートを含むリロケーションポリシーを持つことを確認する。

  • メディカルオプション
  • 教育オプション
  • 現地ショッピング情報
  • 交通情報
  • ユーティリティ接続
  • 教育支援
  • 現地視察/エリアオリエンテーション
  • 住宅購入・売却のお手伝い
  • 家財道具の引越し
  • 一時保管
  • ファミリーサポート
  • 継続的なアサインメントサポート
  • 語学・文化研修
  • 入国管理局サービス
  • プロパティマネジメント
  • 仮設住宅
  • 地域資源リスト
  • 高コスト地域の生活コスト賃金調整額
  • 運転免許証と登録証の情報
  • 配偶者・パートナーのキャリア支援

SHRMの記事によると、「転勤がうまくいかなければ、雇用主が従業員を維持する能力を脅かし、雇用主が時間とお金をかけて育てた人材を失う危険性がある」という。

優秀な人材を確保したい、従業員を最も重要な資産のひとつと考えるなら、コストやロジスティックスだけでなく、それ以上のことに対処することを忘れないでください。従業員の心の健康に気を配ることは、今後何年にもわたって利益をもたらすでしょう。最後に、あなたの最も重要な資産にこれらの貴重なサービスを提供するのに役立つ優れたリロケーション・マネジメント会社(RMC)と提携することです。RMCは、あなたの企業文化を理解し、尊重してくれることが重要です。

WHRのリロケーションマネジメントサービスの詳細については、sales@whrg.comまたは800-523-3318にお問い合わせください。